沖縄タイムス 5/19

何十年も日々の鍛錬や後輩の指導等で頑張ってこられた先生方。
7年ぶりの受賞ということで、我々沖縄空手に関わる者にとっても誠に嬉しいニュースだ。
特に、喜久川先生はかつて宮里道場でいろいろお世話になった大先輩である。誠に気さくな方で、誰かれなく分け隔てなく接してくれた厳しくもやさしさあふれる大先輩だ。
生憎、現在は所属団体も違い疎遠にはなっているが、一昨年行われた「沖縄空手国際大会」のような大きなイベントでは会う機会もあり、相も変わらず接してくれる。
受賞、誠におめでとうございます。

著者

QdoMugen

剛柔流流祖・宮城長順、直弟子の宮里栄一に師事。 剛柔流流祖から三世代目にあたる。剛柔流一筋四十年。 沖縄の伝統空手が生涯武術として有効有用性なるか身をもって検証中。

コメントを残す