4月11日から休業に入っていた空手会館が5月14日再開された。しかし、新型コロナウイルス流行による休業前と解除された今後の利用については、以前のように気楽にというわけにはいかないだろう。
(参照 1. 利用再開のお知らせ)
(参照 2. 予防ガイドライン)

空手会館が利用できるのは誠に有りがたい。
有難いのだが・・・
正直なところ、100%ガイドラインを守ったとして、果たして真面な(まともな)空手の稽古ができるものだろうか? まして、競技大会や演武大会ができるものだろうか?

コロナの収束状況にもよるだろうが(完全終息は無いと考える)、落ち着いてきたら予防策も緩和していく必要はあるだろう。

著者

QdoMugen

剛柔流流祖・宮城長順、直弟子の宮里栄一に師事。 剛柔流流祖から三世代目にあたる。剛柔流一筋四十年。 沖縄の伝統空手が生涯武術として有効有用性なるか身をもって検証中。

コメントを残す