年に1,2回ほど「沖縄空手案内センター」から県外からの空手家の紹介がある。
今回はイギリスから一人。正月6日(道場の稽古始め)から9日まで。月水は一般部で基本稽古や型、火と木は型とその分解の個人指導。

思うのは、今時の外国の空手道場や空手家は相当のレベルであること。流派に拘らず(勿論、拘っている道場もあるにはあるが・・・)真摯に空手の鍛錬に励んでいる。勿論、私ができるのは、ベイスは故宮里先生の道場で学んだこと、そして独自に探究してきた「人間塾空手」でしか対応できない。

彼らの探究心には脱帽する。沖縄に数日であれ数週間であれ、来沖し空手を稽古する。航空賃及び滞在費用や謝礼等含めバカにはならない。であるからこそ、私も真剣勝負だ。生半可には受け入れない。

他の道場生との交流は実に有意義だ。こちらも学ぶことは沢山ある。気づかされることが沢山あるのだ。


著者

QdoMugen

剛柔流流祖・宮城長順、直弟子の宮里栄一に師事。 剛柔流流祖から三世代目にあたる。剛柔流一筋四十年。 沖縄の伝統空手が生涯武術として有効有用性なるか身をもって検証中。

コメントを残す