後期昇級昇段審査を9月14日に済ませた。
少年少女の部は13人、一般部は3人が目的を果たした。少年部は五級5人、四級6人、三級2人。
一般部では当人間塾初の四段取得者が出た。2010年に人間塾を起ち上げて9年。お陰様で段位取得者が四人を数える。実に感慨深い。

さて、来年2020年は人間塾を立ち上げから10年を迎える。過去2度、周年祝いにトライしたが、私塾長の力不足でポシャッてしまった。故に来年は是非にでも成功させるべく、審査慰労会も兼ねて「十周年」に向けての話し合いをスタートさせた。

著者

QdoMugen

剛柔流流祖・宮城長順、直弟子の宮里栄一に師事。 剛柔流流祖から三世代目にあたる。剛柔流一筋四十年。 沖縄の伝統空手が生涯武術として有効有用性なるか身をもって検証中。

コメントを残す