シンポジウムの概要は 、近々「週刊沖縄空手」でも掲載するようなので、ここではその他について感じたことを少し述べたい。
さて、いつも思う事だが、振興課や主催団体からの案内が遅いのだ。1週間前なんてのはザラにある。皆それぞれ仕事や予定がある。新聞への広報にしてもそうだ。どうせなら、例えばタイムスなら「論壇」とかでの広報も考えられないか。

人選について一言。
中堅世代も加えて欲しい。ある先生方の意見は、これまでの公けの発言から凡そ見当がつく。息の長い事業である。30代、40代、50代と我が沖縄には有能な空手家たちがいるはずである。彼らにもチャンスを与えた方がよい。

「空手会館」施設の音響について。
音がクリアーではない。高齢の参加者がかなりいる。あながち、コーディネイターの声質だけのせいではないと思う。そう言えばパネリスト用のマイクがわずか X 本。

著者

QdoMugen

剛柔流流祖・宮城長順、直弟子の宮里栄一に師事。 剛柔流流祖から三世代目にあたる。剛柔流一筋四十年。 沖縄の伝統空手が生涯武術として有効有用性なるか身をもって検証中。

コメントを残す